私の消費者金融を利用して良かったこと

以前の消費者金融と今の消費者金融はぜんぜん違います。
以前はお金が居る時は、いけばすぐに貸してくれる、審査なんてものは無いに等しく、必要な金額を
言えばすぐに貸してくれる、あるいは念のためにもう少し融資しておきましょう・・・という状態でした。
当然、それはお金を返せる範囲の中での話で、返すのが滞るとたちまち 火の出るような催促と 朝晩の自宅、昼間の職場への取り立てが公然と行われるのは覚悟しておかないといけませんでしたが。
ただ 返せる資金計画がしっかりしておればそれはそれで便利でした。
まあ そんな人ばかりではないので 返金の滞り、鬼の取り立て、一家で夜逃げ等の負のスパイラルに陥る人が日本のあちこちに出て あの貸金法大改正が行われました。
利用者の年収の1/3までしか貸してはいけない。
他社にまたがっても、其れは関係なく総額で年収の1/3を超えてはいけないというのがバシッと決まってしまいました。
いわゆる総量規制というやつです。
それ以来、私のように商売をしていて月始めに
少し借りて 月末に返金するという一つの形で商売を営んでいるものは、ものすごく不便になりました。
きちんと今まで返して、また翌月 借りて返すということができなくなったのです。
「ちゃんと返すから 今まで通り貸してよ!」といっても 貸す消費者金融のほうが罰せられるから貸してくれません。
困ってしまいました。
ところが 其のあとしばらくしてから 一部の大手の消費者金融、割と名前の知られているところです・・が 銀行との提携を開始し始めました。
そうなるとあの総量規制に縛られずに 貸し金業を営むことが出来るようになったのですね。
驚きましたが助かりました。
さっそく私は今まで付き合いのあった小ぶりの
消費者金融に見切りをつけて、銀行の提携で貸出額に制約が取れた大手の消費者金融に乗り換えました。
最初は、審査とか収入とか資金計画とか 別のわずらわしさがありましたが 今はいい付き合いをさせてもらっています。
これが 最近の消費者金融を利用して良かったことになります。

消費者金融のメリット