消費者金融はいざという時の助け船。

これまで消費者金融どころか銀行系のカードローンさえ使用したことがなかったのですが、結婚式に葬式が重なって、親戚の香典代5000円をすぐに用立てることができなくなりました。
幸いボーナス月であったので月末になればボーナスが入ってきます。
今だけ足りないのです。
そんな時のネットで消費者金融が、一定の期間に返済すれば金利がかからないというサイトを見つけて、だめもとでもいいやと言う感じで申し込んでみました。
その場で融資が実行されるということははじめから分かっていましたが、実際に実行されてみると、新鮮な驚きでした。
お金を借りるということは結構簡単なんだと思いましたが、借りてみるとなんだか罪悪感も感じたということが少し不思議な気がしましたものです。
葬式に間に合わせるためには結構時間がなくてその時点では切羽詰まったという表現が妥当であったといえます。
借りた時安堵感と罪悪感は、自分でも不思議に感じたものです。
しかし、このように簡単に融資を受けることができると、人生を誤ってしまうかもしれません。
消費者金融の宣伝の中で「ご利用は計画的に」と言う言葉はまさにぴったりだと感じました。
ボーナスが出た時点で真っ先に返済金に、ボーナスの一部を回して完済しました。
肩の荷が下りたという感じです。
消費や金融は、一回経験してみて大変便利なものだと実感しました。
しかしながら、利用に際しては慢性的に借りる状態になりうることも実感しました。
やはり消費者金融を利用する場合は「ご利用は計画的に」です。

消費者金融のメリット